製造・機械・部品|多くの可能性を発揮できるクラッド材

【無料の企業PR広告】
■該当件数5件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
TOP > 製造・機械・部品 > バイメタル・ジャパン株式会社

多くの可能性を発揮できるクラッド材


素材を組み合わせることによって、これまでにはなかった性能を発揮させることができるのは、多くの事例が存在します。ですが、金属でおこなうのは、問題も大きく、なかなか実現もできないことです。クラッド材が注目されてきたのは、特性の異なる金属を接合するからです。異なる素材の特性を利用できるようになる技術であり、接着していく方法とは異なります。簡単な例で考えれば、ベニヤ板を金属で構成するというかたちになるでしょう。本来の性能を維持しながら、複層化することによって、これまでにはなかった高い性能を生み出せるからです。クラッド材は、接着剤も利用しないため、剥離したりする心配もいりません。強度が驚くほど高いのも、原子間結合を利用しているためです。防食性能を高めた素材を作り出すこともできますし、電気伝導率を高めて強度も高い材料を生み出すこともできます。用途はいくらでも広がっていくのですから、クラッド材は可能性の広い材料といえるでしょう。