神奈川県|住宅購入、住宅ローン相談をFPに相談するなら

【無料の企業PR広告】
■該当件数8件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 横浜の住宅ローン相談なら<水内FP事務所>

住宅購入、住宅ローン相談をFPに相談するなら


ファイナンシャルプランナーは、お金の専門家といわれますが、ファイナンシャルプランナー(FP)には2種類あります。
一つは家計の専門家で毎月の家計の見直しや節約を専門としているFPです。
二つ目は、顧客のライフプランをもとに、金融、不動産、住宅ローン、保険、税金、相続、年金の知識を使って総合的にファイナンシャルプランを立てて長期にわたって実行をサポートするFPです。
そのため、自分が何を相談したいのかを考えてFPを選ぶ必要があるのです。

当事務所は、不動産業界での経験をもとに不動産にも精通した住宅ローンをメインとしたFPになります。
また、ライフプランをもとに住宅ローンのリスクの把握を行う二つ目のライフプランを元に長期のファイナンシャルプランを立てて実行をサポートするFPでもあります。

また、ファイナンシャルプランナーには、企業系FPと独立系FPがいます。
企業系FPは特定の企業に所属していますので、その企業が扱う商品を売るためにFPの知識を使っています。
独立系FPは、特定の金融商品を扱っていませんので、商品を勧めるといった行為は行いません。
あなたなら自分の利益を優先するFPとあなたの利益を優先するFPのどちらを選びますか。

ファイナンシャルプランナーの数は増加し続けていますが、ほとんどのFPは保険を専門に扱っていて、住宅ローンに詳しくない人が多いと思います。
ライフプランを立ててファイナンシャルプランニングを行うことは保険の分野で多く行われてきた歴史がありますが、住宅ローンをライフプランから考えるといった方法は今まで行われることが稀でした。
しかし、住宅ローンは数十年にもわたって支出を伴うものです。
少しの金利が数百万の変動を伴うことも珍しくありません。
まさに住宅ローンこそファイナンシャルプランの考えが必要なのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランニングを行うことは、資産運用においても効果があります。
資産運用は本来、余裕資金で行う必要があるので将来の支出を把握することは適切な余裕資金の把握も可能となります。
また、資産運用は時間を味方につけることが大変大事です。
資産運用は後になればなるほど全体のポートフォリオに与える影響は大きくなりますので、株式市場によってはこの後どうするかといった戦略的な視点も必要です。
将来の流れが分かれば、今の景気が悪くても必ずしも悲観するばかりではなくなるのではないでしょうか。

老後資金、住宅資金、教育資金は三大資金といわれ地道な積み重ねがとても大事だと思います。
いずれも高額な資金を必要としており、これらの資金はその後の人生にも大きく影響を与えることでしょう。
立派な家を購入したために老後は大きく生活水準を下げる人も多くいます。
また、高額の住宅ローンを払いながら教育資金を払ったために生活が苦しくなり、住宅を手放す人もいます。
これらの多くは事前に相談しておけばほとんどの場合は防げます。

住宅ローンの基礎知識を知らずに、業者に任せっきりで後から後悔する人を多くみてきました。
住宅ローンにはいろいろと特徴があり、メリットとデメリットを理解したうえで自分に合ったものを選択することが大事です。
住宅ローンの返済が困難になって自宅が差し押さえられて競売になってしまった人を見てきましたが、共通しているのは最初から厳しい計画を立てているということです。
住宅ローンの失敗はその後の人生に与える影響が大変大きく、失敗してから業者を責めても遅いのです。
住宅ローンを組む前にこれから起きるリスクの把握がとても大事です。
住宅ローンを安易に考えて後から後悔しないよう、ご相談頂ければ分かりやすく説明します。

当事務所は、独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。
そのため特定の金融商品を勧めるような行為は行っておらず、中立・公正に顧客の利益を第一優先に考えております。
安心してご相談ください。

当事務所は、横浜に相談場所を設けておりますが、お客様のご自宅やご指定の場所でも相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
神奈川、東京近郊のお客様は柔軟に対応しております。